<   2007年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

追憶編その1・・・新酒場娘(?)編


ライル 「あけましておめでとうございます!!」

船員 「今年も、このぐうたら船長に付き合ってやってくだせい、お願いしやす」

ライル 「いや、えーと、まぁ、そのとおりです、ハイ」

船員 「言い返す余地も無しですかい」

ライル 「ま、それはそれさ~。いやぁしかし、新年!!めでたい!!」

船員 「結局ほんとに、模擬で年越したじゃないですか・・・」

ライル 「あれも運命!!」

船員 「まぁ、船長らしいっちゃらしいんですがね・・・」

ライル 「もう、慣れたもんだろ?」

船員 「新入りはアゴ落ちてましたぜ・・・んで、追憶編・・・」

ライル 「・・・と、とりあえず、去年・・・いや、もう明けたから一昨年か・・・」

船員 「1年以上前ってことですかい?」

ライル 「細かいことは気にするな!!おいらが、商会入りする前のことだ・・・」



~一昨年、とある町にて・・・~


船員 「船長、クレイグさんから連絡が入ってますぜ」

ライル 「お、どれどれ・・・?」

クレイグ 『Julian氏捕獲中wすぐ来られたし』

ライル 『しばしまたれよw』

船員 「船長、どうしたんで?」

ライル 「なにやら面白そうな感じがするので、ハンブルグへ直行する!!」


~急遽、ハンブルグへと向かうライル一行・・・~


船員 「つきやしたぜ、船長!!」

ライル 「よーし、みんなを探そう。」

船員 「お・・・あそこに、Julianさんにクレイグさんに・・・あと一人女性が」

ライル 「おお・・・初めてみる人だな~。」


ライルはお辞儀した


Julian 「ヤ、ヤア」


~到着早々、言葉に詰まってるJulian君・・・なにやら、貰ったお土産に微妙に困惑模様らしいのだが・・・~


Laila 「はじめましてー」

ライル 「はじめまして。ライルと申します♪」

Laila 「らいらです^^」


~思いっきりそっちのけで挨拶する初顔合わせの二人~


クレイグ 「あー、みんな紳士の跪きポーズ」

Julian 「ちw」


~当時『紳士』と呼ばれる者たちの間で流行っていた、女性に対して跪くポーズを真似てみたら、どうやらみんなやっていた模様・・・そしてその裏では・・・~


Laila 「いらにゃい・・・」

クレイグ 「私はもう被りましたよw」


~Julian君が貰ったお土産を、他の人に被せたくて、渡そうと試みていた模様・・・渡されたものは・・・~


Laila 「どきわく」

Julian 「GO!」

ライル 「むかし、ふつーにかぶってましたが・・・w」

船員 「アフリカンフェザーですね・・・船長、普通に愛用してたような・・・」

Julian 「く、いやがらないとおもしろくないw」

クレイグ 「ぶっw」

ライル 「Julian氏はみたことあるでしょーにw」

Julian 「さあ」


~結局もう一度クレイグ氏に手渡されるアフリカンフェザー~


Julian 「あ、にあうw」

Laila 「にあう^^」


~実は似合うナイスガイクレイグ卿~
e0034411_19305272.jpg


~そんなこんなで和やかな時間は過ぎ・・・クレイグ卿を抱き寄せるJulian卿~
e0034411_1931253.jpg


~等、怪しげな光景を目にしつつ、話は移り変わり、ピザを売ってもらうことに・・・~


クレイグ 「今度私にも、大砲と引き替えでw」

Julian 「あ、おなじことを考えてたw」

船員 「息ぴったりですね・・・鋳造船長2人・・・」

Julian 「ええと、これは利子で」

Laila 「おぉー」

クレイグ 「な、何を上げたんだ・・」

Laila 「後300ありますが、クレイグさんとライルさんで半分づつくらい?」

Julian 「らいらさんすげーw」

クレイグ 「お~」

ライル 「おお、お願いします~♪」

クレイグ 「お願い致します」

ライル 「アイテムに余裕はおありですか?」

Laila 「ありますよ」

ライル 「では・・・☆」

クレイグ 「な、何を・・・」

Laila 「いいんですか?」

Julian 「な、なにを……w」

ライル 「おちかづきの印に☆」

Laila 「ありがとうございます^^」

クレイグ 「順番が最後というプレッシャーが・・・・・」

Julian 「焦る紳士ふたりw」

クレイグ 「くっ、負けられんw」

Laila 「うは!!」

ライル 「いったい、何を・・・w」

Laila 「ありがとうございます^^」

Julian 「な、なにを渡すつもりだ……」

クレイグ 「互いに疑心暗鬼になる三人w」

Julian 「君たちはいったい何を……w」

Laila 「戦闘道具はジュリアンさん」

クレイグ 「想像したまえ」

Laila 「他のお二人は女性が喜びそうなものを・・w

ライル 「w」

Julian 「く、その言い方は負けた気がするw

クレイグ 「(勝ったw)」

Laila 「ww」


~新酒場娘Lailaへの貢ぎ合戦は、とりあえずライル・クレイグ両名がJulian卿より一歩リードした模様~


船員 「結局、船長は一体なにを渡したんで?」

ライル 「ん、代金の他に、オドアケルの剣と、ローズを2つほど」

船員 「・・・ローズ・・・って、なんでそんなん持ち歩いて・・・」

ライル 「たまたまだ!!気にすんな!!」

船員 「他の2人は何渡したんでしょうねぇ」

ライル 「何だったんだろうなぁ・・・覚えてたら教えてくれるかもしれないぜ」

船員 「期待して聞いてみますか」

ライル 「んだな・・・お二方、よろしく~」
[PR]
by kajyuber | 2007-01-12 19:37 | 追憶編・・・