<   2005年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

バルト海の人気者

~ひとまず、リガ・ストックを回ることにした一行・・・~


クレイグ 『やはり装甲は大事かw』

ライル 『装甲は・・・大事でしたね』

船員 「装甲無しで戦ってたんですかい?」

ライル 「らしい・・・それであの戦いっぷりだからな、たいしたもんだ。」

船員 「流れてしまった金はどうするんで?」

ライル 「海の状態が落ち着いたら、視認して見つけることにするよ。」

船員 「んじゃ、問題ないですね。」

ライル 「あぁ。さぁて、バルト海方面で海賊相手に腕でも磨くか!」

船員 「ヤル気ですね、船長!!」

ライル 「おうよ!!この調子でガンガンいくぞ!!」

船員 「アイ・サー!!」


~出航してほどなく、あっさり襲われる一行~


ライル 「敵か!!」

船員 「スウェーデンの私掠艦隊ですぜ!!数は・・・3隻!!」

ライル 「ようし、援護射撃しつつ・・・」

船員 「おお、すげぇ勢いでクレイグさんが・・・」

ライル 「おお・・・援護射撃だけで十分かも・・・。」

船員 「ついでに、応援の声でも・・・w」

ライル 「そうだな・・・w」

ライル 『ふれーふれー・・・あ、終わってしまったw』

クレイグ 『wサンクスです』

ライル 『いけそーなのはどんどん襲ってOKですよ~』

船員 「お、船長がヤル気みせてる・・・」

ライル 『後ろからこっそり応援・・・もとい、サポートの努力を夢見る乙女してますから・・・w』

クレイグ 『なに~!それは紳士としていかがなものかと』

ライル 『ボク冒険者ですから・・・wとかいいつつ、わりと率先して闘いにいくのは内緒の方向で・・・(爆)』

クレイグ 『自分、商人ですからw』

ライル 『あ、今、おいらも商人だw』


~などと、心温まる会話をしながら進む一行・・・更に、スウェーデン私掠艦隊や、ドイツ傭兵艦隊までもが一行に襲いかかる!~


船員 「ありゃあ、ドイツの傭兵艦隊ですぜ」

ライル 『む、大人気だw』

クレイグ 『お強いぞ』

船員 「船長、さっきのヤツより評判高いですぜ。」

ライル 「うむ・・・さっきのとは、纏ってるオーラが違う。ようし、気ぃ引き締めて・・・」

クレイグ 『これはライルファンクラブの方たちですか?』

ライル 『クレイグ親衛隊の方々ですよw』

船員 「・・・気ぃ引き締めた会話ですかい?」

ライル 「あ、いや、まぁ、そのなんだ・・・w・・・・回避行動しつつ・・・」

船員 「あ!!船長!!クレイグさんの船が・・・」

ライル 「!?」

船員 「白旗です・・・」

ライル 「くっ・・・修理する間も無しか。」

クレイグ 『やはり、最低耐久のアラガレは弱いよ~』

ライル 『うう・・・装甲ゲットしとくべきでしたか・・・。なんか、申し訳ないっす』

船員 「船長、反省会は後まわしですぜ!!」

ライル 「何!?敵か!!」

船員 「スウェーデンの私掠のようですが・・・さっきのとは船が全然違いやすぜ!」

クレイグ 『これマジで強いですよ!!』

ライル 『なんと!!』

船員 「相手は3隻・・・どうしやす!?」

ライル 「多少の機雷まいたら、クレイグさんの船の修理サポートに全力を出せ!!」

船員 「アイ・サー!!」

ライル 「くっっっ!!なんだ、あの大砲の威力は!!」

船員 「船長!!こちらの大砲じゃ、歯が立ちやせんぜ!!」

ライル 「機雷の2、3発踏んでもびくともしやがらねぇ・・・なんてヤツだ!!」

船員 「船長、クレイグさんの船、修理が追っつきやせん!!」

ライル 「くっっ、クレイグさんの船だけは沈めるな!!なんとしても・・・・・・」

船員 「・・・く・・・すいやせん、船長・・・力及ばずでした・・・。」

ライル 「・・・いや、おまえらはよくやってくれた。足りなかったのは、おいらの力だ・・・。」

船員 「船長、とりあえず、クレイグさんの船を復旧しましょう。」

ライル 「ん・・・そうだな。修理、よろしく頼む。」

船員 「もうすぐリガです・・・今後の対策はそこでかんがえましょうや。」

ライル 「あぁ。そうしよう。・・・このままでは済まさん。」


~そして、リガに到着した一行。そこで・・・~


クレイグ 『さくっと売っときますねw』

ライル 『あい(^^;』

船員 「ん、残った金ですかい?」

ライル 「あぁ。沈んで流しちまった分は、帰りに追い追い探すことにする。」

クレイグ 『暴落させましたw』

ライル 『おお・・・w』

船員 「暴落したってことは、結構な量があったんですかね。」

ライル 「・・・かな?沈んだ量も、相当なきはするが・・・ちゃんと、全部みつけられるといいなぁ。」

クレイグ 『えー、儲けよりも保険金の方が多いのはいかがなもんでしょうかw』

船員 「!!」

ライル 『う・・・それは、どうなんだろうw』

クレイグ 『これで、拾えたら利益がw』

ライル 『保険金でたあとに、視認で拾える・・・おいしいw』

船員 「船長・・・それは、いいんですかい?」

ライル 「銀行側が、それで認定してるんだ、問題なし!!」

船員 「なるほど!!」

ライル 「よーし、ここはひとつ・・・」

ライル 『全部回収していく方向でw』


~なんとなく、変な方向に盛り上がってる一行・・・流れた金は、全て拾えるのか?まて次号!!~
[PR]
by kajyuber | 2005-11-19 18:09 | 航海。それは・・・

戦いの果てに・・・


船員 「お、船長、珍しいですね。砲弾沢山積み込んで・・・。」

ライル 「あぁ、クレイグさんとカテガットの奇襲船団を退治しにいく事になったんだ。」

船員 「クレイグさん・・・ってぇと、こないだJulianさんとの話題にのぼってた、あの?」

ライル 「あぁ、そうだ。Julian卿やフレア嬢曰く、立派な英国紳士ということだ。」

船員 「おお・・・船長の周りには、様々な英国紳士様が集まってきますね。」

ライル 「様々って言うな・・・ま、英国だからな。」

船員 「そ、そういうもんですか・・・。」

ライル 「ま、そんなこんなで、今日の船は『ガルシス』で出るぞ!!」

船員 「アイ・サー!!」


~そんなこんなで、オスロで情報をゲットする一行・・・~


クレイグ 『ちょっと相場みます』

ライル 『ほーい』

船員 「船長、なんの相場ですかい?」

ライル 「あぁ、なんでも金(きん)を積んだままらしいんだ。相場が高けりゃ売っちまおうってぇことさ。」

船員 「なるほど。貴金属取引ってやつですな。」

ライル 「そういうこった。」


~だがしかし、金相場62%とまったく振るわず・・・そのまま出発するも・・・~


ライル 「さぁて、後はコペン付近で・・・・・・何!!」

船員 「船長、横波でさぁ!!」

ライル 「く・・・被害状況は?」

船員 「・・・荷物も船も船員も、みんな無事ですぜ。」

ライル 「・・・そうか。やれやれ・・・クレイグさんの船は大丈夫かな?」

船員 「なにやら、あわただしいですな・・・舵を直してるようにも見えやすが・・・。」

クレイグ 『7人お亡くなりに・・・・』

ライル 『やっぱ、ガレーは波に弱い・・・』

船員 「対波性能の高い船でよかったですな、船長。」

ライル 「うむ・・・しかし、こんなとこで横波が発生したのは初めてだな。」

船員 「たしかに・・・珍しいですぜ、船長。」

ライル 「・・・っと、そろそろ、情報にあった海域だな。総員、戦闘配備!!」

船員 「おおお!!」

クレイグ 『いざ、戦場へ!』

ライル 『おう!!』

船員 「ピンネース級6隻!!」

ライル 「む、同クラスの船が6隻か・・・迂回しつつ、機雷撒け!!」

船員 「どうやら、クレイグさんも機雷使いですぜ。」

ライル 「そのようだ。ガレーだし、そのまま白兵にいくかもしれん。援護射撃しつつ、回り込め!!」

船員 「やった、撒いた機雷にあたりまくってますぜ!!」

ライル 「よし、良い感じだ・・・クレイグさんが、敵船のほうに進んでる。そのまま白兵に・・・あれ?」

船員 「・・・なんか、ふらふらしてますね。」

ライル 「・・・ちっ、やられた!!」

船員 「え?」

ライル 「敵の砲撃で混乱してるんだ!!まずいな・・・収める術がない。」

船員 「それは・・・」

ライル 「まずいな、急いで援護射撃!!」

船員 「アイ・サー!!」

ライル 「クレイグさんも、なんだかんだで、ほぼ無傷で進んでるな。さすがだ。」

船員 「混乱してるのに、たいしたもんですね。」

ライル 「よぉし、クリティカル!!・・・・・・む・・・なんだ、違和感が・・・。」

船員 「なんか、敵船がこっちを見てないような・・・。」

ライル 「・・・!?しまった!!」

船員 「クレイグさんの船が囲まれてますぜ!!」

ライル 「く、間に合わない・・・。」


~旗艦である、クレイグさんの船を沈められ、負けを喫した一行・・・~


クレイグ 『が~ん、すみません・・・・』

ライル 『あうう、こめんなさい~』

船員 「船長・・・。」

ライル 「・・・修理を手伝うぞ。・・・このまま、やられっぱなしで引き下がるもんか。」

船員 「その意気ですぜ、船長!!」

クレイグ 『再挑戦いけます?』

ライル 『いけますよ~』

船員 「向こうも、ヤル気ですぜ!!」

ライル 「あぁ、今度こそ、ねこそぎぶったおすぞ!!、おまえら、気合いれていけ!!」

船員 「おおおおおおお!!」

ライル 「来たぞ!!」

船員 「ピンネース級・・・8隻!?増えてますぜ、船長!!」

ライル 「援軍がいたか・・・ま、探す手間が省けるってもんだ!!全滅させるつもりでいくぞ!!」

船員 「アイ・サー!!」

ライル 「よーし、ガンガンいけ~!!機雷も遠慮せずに、どんどん撒いちまえ!!」

船員 「お、クレイグさんが白兵に入りましたぜ!!」

ライル 「おお!!・・・・・・・・・あれ?」

船員 「どうしやした、船長・・・。」

ライル 「・・・いや、たしか、あのへんには、機雷が・・・」

船員 「あ、敵船が機雷に接触しやしたぜ・・・。」

クレイグ 『白兵中なのに~』

ライル 「ヤバ・・・い、いそいで修理に行くぞ!!突っ込め!!」

船員 「敵弾被弾!!サブマストが損傷しやした!!」

ライル 「くっ・・・手の空いてるやつぁ予備を出せ!!」

船員 「船長、このままじゃ、敵艦に囲まれちまう!!」

ライル 「ちぃ!!機雷まきつつ、離脱!!・・・む!?」

船員 「一隻後ろを取りやした!!」

ライル 「一斉射撃!!逃すな!!」

船員 「アイ・サー!!撃て!!」

ライル 「よし!!撃沈!!次だ!!」


~なにげに調子づいて、どんどん敵艦を沈めていく一行。さっきの負けはどこへやら・・・ついに勝利を収め・・・~


船員 「やりましたね、船長!!」

ライル 「あぁ、おまえら、よくやってくれた・・・。」

船員 「強敵だった・・・今日は船長のおごりで大暴れしやしょうぜ!!」

ライル 「おいらのかっっ・・・まぁ、今日は頑張ってくれたからな。おごっちゃるから、倒れるまで飲み明かせ!!」

船員 「おおおおお~!!」

クレイグ 『あ~』

ライル 「・・・ん?」

船員 「何か、膝から崩れ落ちてますぜ・・・?」

クレイグ 『金が流れてる・・・』

ライル 『ぬお』


~・・・哀の一端を垣間見たライルであった・・・果たして、このまま終わってしまうのか?、待て次号!!~
[PR]
by kajyuber | 2005-11-02 23:42 | 航海。それは・・・