<   2005年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

冒険の原点・・・

船員 「だいぶ、疲れてますね、船長・・・。」

ライル 「ん?ああ、ダイジョブだいじょぶ・・・。」

船員 「遠い目をしながら言わんでくだせぇ。」

ライル 「なーに、まだまだ・・・。」

船員 「なんで、そんなに宝石取引修行に躍起になってるんで?」

ライル 「前にもいったろ。造船技術向上にゃ金が山ほどかかるんでい。」

船員 「そら、まー、そうですが・・・いままでだって、冒険しながらやってきてたでしょう?」

ライル 「この先は、それじゃもうおっつかんのよ・・・それだけさ。」

船員 「そんなもんですか。」

ライル 「あぁ。そんなもん、そんなもん。」

船員 「こんな、慣れないことやって、冒険から離れっぱなしだと、船長壊れますぜ。」

ライル 「んあー、ダイジョブだいじょぶ・・・適度に冒険もする事にするから・・・。」

船員 「船長・・・なんで造船にこだわるんで?」

ライル 「んー、あー、なんだ、ほら、儲かるってことで・・・。」

船員 「造船で儲ける気なんてあるんですかい?こないだだって、依頼してくれた人がくれた金、多いからとか言って返してたのに・・・。」

ライル 「いや、あれは、その、あれだ。まだ未熟だからってことで・・・。」

船員 「なんでどもってるんで?」

ライル 「うっさいやい。いいじゃねーか。趣味だよ趣味。」

船員 「趣味ですか・・・それなら、何も鬼気迫る勢いで、宝石取引修行までしなくても・・・。」

ライル 「・・・ま、それは、それ・・・さ。」

船員 「船長、もう船の改造できるんですよね?」

ライル 「あぁ、それくらいは・・・な。」

船員 「こないだ、ラドリックさんも言ってたじゃねぇですか。造船技術なんて、船の改造ができるだけの腕があれば十分なんじゃねぇですかい?」

ライル 「・・・」

船員 「今なら、それこそ船大工も沢山いる時代だ・・・相場よりちょいと多めに出せば、いくらでも作って貰えるってぇもんですぜ。」

ライル 「・・・」

船員 「造船の技術を上げるために使う金のほうが、何倍もかかるじゃねぇですか、船長・・・。」

ライル 「・・・」

船員 「無茶はもうやめましょうぜ。さ、いつもの無鉄砲で、金稼ぐよりモノ発見してるほうが好きな船長に戻りましょう。」

ライル 「・・・おいらの、冒険の・・・さ。」

船員 「・・・?」

ライル 「原点があるんだ。」

船員 「原点・・・ですかい?」

ライル 「あぁ。たいした事じゃねぇんだけどな。」

船員 「なんです?」

ライル 「子供の頃に読んだ本の影響でさ。おいらの中では、冒険に出るときってのは、手作りのイカダってヤツがあってさ。」

船員 「ふむ・・・」

ライル 「おいらは自分で造った船に乗って冒険がしたい。」

船員 「・・・」

ライル 「大きな船の造船なんてのは、全部自分で作れるわけじゃねぇが、すくなくとも指揮はとれる。だから・・・」

船員 「・・・」

ライル 「・・・バカみてぇな理由だろ。」

船員 「・・・船長、もうひと頑張りしやしょうか。気合いれんと、造船修行の金は貯めるの大変ですぜ!」
[PR]
by kajyuber | 2005-10-19 23:06 | 航海。それは・・・

来たぜ!サムブーク!!

ライル 「さて、嵐も去ったし、のんびり進むか~。」

船員 「一応、危険な海域ですぜ、船長。のんびりに反対はしやせんが。」

ライル 「なぁに、ずっと気を張りっぱなしでも疲れるだろ。今回は長い航海になるしな。」

船員 「それもそうですな。適度に気は抜きましょう。おや、船長、焼きサバの匂いが・・・。」

ライル 「おお、おいしそうだな~」

船員 「ついでに火がまわってますぜ~。」

ライル 「おお~・・・って火事かよ!!全員、消化用の砂で火ぃ消せ!!」

船員 「消えましたぜ、船長。」

ライル 「・・・気ぃ抜きすぎだ、おまいら・・・。被害状況は?」

船員 「サバが一樽ですな。」

ライル 「さっきみんなで釣ったヤツか・・・ま、しゃーない。コショウじゃなくてよかったとしておこう。」

船員 「あ、向こうの船でも火がでてますぜ。」

Julian 『のおおおお』

ライル 『・・・火事多いな・・・』

Julian 『しいら、しいらあああああ』

船員 「向こうでは、シイラが焼けたようですな・・・。」

ライル 「あ、水夫が吊るされてる・・・」

船員 「あやつが元凶ですかい。」

ライル 「・・・うちでも元凶吊るすか?」

船員 「そんなことしたら、全員吊るされますぜ。」

ライル 「・・・吊るされないように気をつけようとか無いのか。」

船員 「船長・・・夢みるのはやめましょうや。」

ライル 「おまいら・・・。」

船員 「あ、船長、向こうでは今度はネズミが沸いてますぜ。」

ライル 「少し気にしろーーー!!」

船員 「まるで、この船でおきてるみたいにチューチュー聞こえますな。」

ライル 「もういいや・・・。」

船員 「あ、なんだ。船長、こっちでも沸いてましたわ、ネズミ・・・。」

ライル 「・・・全員、ネコイラズ装備~、てきとーに退治しといて・・・。」

Julian 『オニカマスーーー』

船員 「今度はオニカマスですか・・・大物ばかりがやられてますぜ。」

ライル 「だな~。こっちは、サバにイワシか・・・ま、いいや。」

船員 「・・・船員が吊るされてますぜ?」

ライル 「おや、ほんとだ。」

ライル 『・・・なぜ船員を吊るすw』

Julian 『だってーw』

船員 「向こうは、何かがあると吊るされるようになってるんですな。」

ライル 「あの人の凄いところは、それでもちゃんと船員が集まってくるところだ。」

船員 「・・・人望あるんすね。」


~・・・その後、船員は欲求不満になるわ、甲板は汚れるわ、突風は受けるわ、壊血病は発生するわ、再び火事は発生するわ、二人合わせて災害オンパレードの航海となる一行・・・~


Julian 『地震雷火事ネズミ・・・』


~・・・なにやら、言い得て妙な台詞を聞きつつ、希望岬を越えたあたりの視認クエストも終わり、モザンピークに立ち寄る一行・・・~


ライル 「さて、休憩しつつ、色々店でもみてくるか・・・。ここの造船状況とかも確認・・・と。」

船員 「んじゃ、あっしらは酒場にいますぜ。」

ライル 「あぁ。少し休んでてくれ。」

船員 「あい、さー。」


~造船状況等確認に行ったライルであったが・・・~


ライル 「!」

ライル 『隊長!!サムブ売ってます!!』

Julian 『なにいいいいいいwいきなりかw』


~そそくさと、銀行に金をおろしにいく2人・・・~


ライル [ボディランゲージ] 「よう」

造船所親方 [ボディランゲージ] 「何か用かい?」

ライル [ボディランゲージ] 「俺 船 欲しい 売れ」

造船所親方 [ボディランゲージ] 「目録」

ライル [ボディランゲージ] 「サムブ 熱烈歓迎 我愛船」

船員 「なに、タコ踊りしてんです、船長・・・。」

ライル 「意思疎通だヴォケ!!」


~なんだかんだで、サムブークをゲットするライル~


ライル 「く・・・自力で作れないヘタレな造船野郎を笑ってくれ・・・造船所のオヤジよ・・・」

造船所親方 [ボディランゲージ] 「他に用はあるかい?」

ライル [ボディランゲージ] 「我感謝感激雨霰」

船員 「なんか、違うもんになってきたような気が・・・」

ライル 「気のせいだ、気のせい・・・。」

船員 「Julianさんも、なんか、不可解な踊りを繰り返してますぜ・・・。」

Julian 『いかん、船購入で興奮して身体言語ができんw』


~などという一幕もありつつ、サムブークをゲットするJulian氏~


ライル 『・・・装甲以外の全てが優れてるような・・・』

Julian 『なんと素晴らしい船だろうか・・・』

ライル 「よーしお前ら!!新しい船で、心機一転!!気合いれて航海に臨むぞ!!」

船員達 「おおおおおおお!!」

ライル 『OKだぜ』

Julian 『インドでもカリブでも火星でもどこへでも飛んでやるぜ!』

ライル 『おうよ!』


~新造艦で、ボルテージがあがりまくる一行、ついに、出航の時は来た!!~


船員 「・・・船長、嵐です。」

Julian 『いいところだったのに!!!w』

ライル 『処女航海、嵐!!w』


~たとえ新造艦であろうと、やはり変わらぬものがある・・・と思ったライルであった・・・~
[PR]
by kajyuber | 2005-10-14 21:51 | 航海。それは・・・

リンク追加です♪

フレ登録をしてもらって以来、何度ともなく遊んで頂いてる方のHPです。

クレイグ様 「クレイグ船長の航海日誌」

この方もまた、英国紳士と呼ばれる事が多い模様です。それを象徴するように、文章も丁寧でありながらネタも混じる心地よい読み加減でお勧めです。
[PR]
by kajyuber | 2005-10-05 04:29 | リンクなど・・・