ヤツは賞金首・・・

船員 「船長、2時の方向に船影!!こっちに向かってきやすぜ!!」

ライル 「む!!船はなんだ!!」

船員 「ずいぶんデカい・・・こいつぁもしかすると、ガレオン級ですぜ!!」

ライル 「なんてこった。まともにやったら勝ち目は無いし、風向きも悪い・・・。」

船員 「もしかしたら、ここらでよく出没するっていう賞金首じゃねぇですかい?」

ライル 「なんと、賞金首か・・・手ごわそうだな。・・・なんて名前のヤツだ?」

船員 「ですから、賞金首です。」

ライル 「いや、だから、名前・・・」

船員 「『賞金首』です。」

ライル 「・・・・・・」

船員 「・・・・・・」

ライル 「うあ、んなことやってる間に、随分近い・・・」

船員 「どうしやす、船長!!」

ライル 「回避しつつ、機を見て撤退する!!最初の一撃は仕方ない!!全員何かに掴まれ!!」

船員 「うああああ!!」

ライル 「くうっ・・・被害状況は!!」

船員 「船長、船に、み、水が!!」

ライル 「手の空いてるモンは水をくみ出せ!!よーし、敵船が大砲を装填してるうちに離脱するぞ!!」

船員 「船長、敵艦が戦闘区域を離脱していきます・・・。」

ライル 「・・・あれ?先に逃げられた・・・?なんで?」

船員 「船長・・・例の賞金首は、まっすぐ突っ込んできて、一発ぶっ放しつつまっすぐ逃げるのが得意パターンらしいですぜ。」

ライル 「先に言え!先に!!・・・てか、よほどイイトコに当たらないと、沈まないよな、それは・・・。痛いのは痛いが。」

船員 「嫌がらせですかい?」

ライル 「スケールのでかいピンポンダッシュみたいなもんか。」

船員 「なんで、それで賞金首なんでしょうかね。」

ライル 「小型船なら沈むからな・・・イビリすぎたんだろうさ。」


~賞金首をやりすごし、船を修理しつつ進むライル一行・・・そこに・・・~


船員 「船長、5時の方向に船影!!こっちに向かってきやすぜ!!」

ライル 「む!!今度はなんだ!!」

船員 「これまたずいぶんデカい・・・恐らくガレオン級ですぜ!!」

ライル 「・・・まさか・・・な」

船員 「・・・見覚えのある船ですぜ、船長・・・」

ライル 「・・・こんなにすぐ来るなら、さっき逃げなきゃいいのに・・・」

船員 「・・・カモ認定もらえましたかね?」

ライル 「くそー、カモをなめるな!!」

船員 「カモは認めるんですかい」

ライル 「やかましい!!さて、どうするかな。風向きは悪くないが・・・」

船員 「逃げ切ることも十分可能ですぜ」

ライル 「・・・敵はほぼ真っ直ぐ進んで、一撃離脱だっけか・・・。よし、機雷用意!!ありったけ撒いておけ!!撒き終わったら即座に離れるぞ!!」

船員 「アイ、サー!!」

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

ライル 「あ、当たった。」

船員 「ご丁寧な事に、撒いた機雷を全部踏んでってますぜ。」

ライル 「・・・親切な賞金首だな~。」

船員 「あ、白旗ですぜ。」

ライル 「えーと・・・賞金首ゲット!!」

船員 「あーっと・・・や、やりましたね、船長!!」


こうして、『強敵・ガレオンを駆る賞金首』を倒したライル一行!!彼等の冒険はまだまだ続くのであった・・・。


ライル 「うわ・・・賞金、安・・・」
[PR]
by kajyuber | 2005-09-08 00:40 | 航海。それは・・・
<< それぞれの修羅の道・・・ リンク追加です☆ >>