ある拿捕の日

船員 「船長!!このままじゃ、敵艦に追いつかれますぜ!!」

ライル 「くっっ・・・あと少しでマディラ沖に入れるってのに・・・」

船員 「敵艦接弦!!」

ライル 「撤収の鐘を鳴らせ!!斬り結んでも勝ち目は無いぞ!!」

船員 「ダメです、船長!!逃げ切れません・・・」

ライル 「ぐ・・・無念・・・」


~イスパニアの私掠に拿捕されてしまったライル一行・・・~


イスパニア私掠 「イスパニアの星の元を歩まなかった・・・卿の宿命と思われよ」

ライル 「くそ・・・船員達が一人残らずやられたか・・・ん?」


~波間を漂流している船員を1人だけ見つけたライル・・・さっそく救命具で引き上げ・・・~


船員 「ふぅ・・・船長、助かりやした・・・」

ライル 「お前以外は全滅だ・・・疲れてるとこ悪いが、積荷の被害状況を調べて、とっとと街に戻ろう」

船員 「あっしと船長だけで船を操るんですかい?」

ライル 「まー、そうなるかな」

船員 「2人だけでやるのは、えらく骨がおれますぜ・・・」

ライル 「あ、おいら舵とりで忙しい♪

船員 「・・・・・・ぅぉぃ」

ライル 「さ、被害状況調べよう」

船員 「ったく・・・どうやら、ルビーを42袋に、補助帆のミズンローヤルステイスル、水5樽と金貨少々ってとこですぜ」

ライル 「買ったルビーがほとんどもってかれたな・・・まぁ、買値が高くて50袋しか買わなかったヤツだが・・・」

船員 「サファイアやダイヤは一切手付かず・・・」

ライル 「ま、それだけで済んでよかった。サルベージしたサファイアの分のおかげで、たいした損はしてないし。」

船員 「(・・・少しづつもってってくれりゃいいのに・・・)」

ライル 「・・・ん?何か言った?」

船員 「いえ、何も」

ライル 「そか。うーむ、むしろ補助帆のほうが痛いか・・・ま、いいや。」


~船に2人旅という、バルシャでも大変そうな人数で街を目指す一行・・・~


ライル 「うーみーはーひろいーなーおおきーーーなーーーー」

船員 「なにヤケになって歌ってるんでさぁ」

ライル 「ヤケ歌は敗者の特権だぜ」

船員 「そんな特権聞いたことないし・・・」

ライル 「まー、そー言わんと・・・」

船員 「あー、それより船長、大変です」

ライル 「ん、どした?」

船員 「船員が交易品を盗んでいるようです」

ライル 「なんだって・・・被害状況は?」

船員 「ルビー1袋ですぜ」

ライル 「やれやれ・・・度胸のあるやつだ」

船員 「いやはや、まったく」

ライル 「見つかったら吊るされるかも・・・とか考えなかったのかね・・・・・・」

船員 「まぁ、どうせ収奪されたルビーだし、1袋くらい数え間違ったと思えば・・・」

ライル 「それもそうだな・・・・・・・・・・・・ん?」

船員 「・・・・・・いい天気だ」

ライル 「この船、おいらとお前の2人だけじゃねーか!!」


~この後、吊るされた船員が居たかどうかは、定かではない・・・~
[PR]
by kajyuber | 2006-06-09 14:50 | 航海。それは・・・
<< バトン再び!! CAFE名古屋オフに関するお知らせ >>