飲んで飲まれて酒バトン


船員 「船長、カシムさんから、『酒バトン』なるものがまわってきてますぜ」

ライル 「お、なにやら質問に答えるとかいう、あれか?」

船員 「そのようですぜ。ちなみにあっしはジンが好きですぜ、船長!!ジンですジン!!」

ライル 「さぁ、答えるとするか!!」

船員 「船長ぉぉぉぉぉぉ!!」

ライル 「1問目は・・・・と」

船員 「コショウの横で魚でも焼いて不貞寝してやる・・・」

ライル 「・・・わかったわかった、今度上陸したらジンおごってやるから・・・」

船員 「約束ですぜ、船長!!・・・では、さっそく質問いきやすか。」

ライル 「おう!」

船員 『Q1:あなたのお好きなお酒はなぁに?』

ライル 『日本酒とかカクテルかな。ブランデーもわりと好き。ウィスキーも結構・・・。ビールは悪酔いするので、いまいち・・・。』

船員 「ニホンシュ・・・?何処の酒です?ヒホン?」

ライル 「いあ、世界の果ての更に向こうの話さ・・・いつかお前達にも飲める日が来る・・・」

船員 「は、はぁ・・・では、気を取り直して・・・」

ライル 「うむ!」

船員 『Q2:酔っ払うとどうなってしまうの・・・?』

ライル 『大抵の場合、ひたすらご機嫌になりますぬ。あと、行動がどんどん飛び始めるかな・・・そのくせ記憶は飛ばないけど(汗)』

船員 「今度火事出した時の為に、酒を沢山用意・・・」

ライル 「だから、火を出さない努力をしろーーーーーーー!!」

船員 「さて、次!!」

ライル 「聞けーーーーーーーーーーーーー!!」

船員 『Q3:一晩で飲んだ量と費やした最高金額は・・・?』

ライル 『たいした事なさそうだなぁ・・・友達と2人で一升瓶あけたとか、3人くらいでカルアミルクを作っては飲み作っては飲みするのに、牛乳4パック使い切って足りねぇって叫んだとか・・・。』

船員 「船長、家で飲むことが多いんですかい?」

ライル 「ん、そうだな・・・なんで、金額はたいして・・・。」

船員 「では、次いきやすか。」

ライル 「あいよ。」

船員 『Q4:飲んだくれて、良かったなぁ~と思うこと』

ライル 『みんなで笑って楽しくやれることかな。楽しい場は大好きさ!!』

船員 「そうですぜ、船長!!たとえコショウやフランネルが焼けたって、楽しけりゃ大丈夫ですぜ!!」

ライル 「おう!!・・・ってマテ」

船員 「んで、次ですが・・・」

ライル 「オマイラ・・・」

船員 『Q5:お酒の席での失敗談ある?』

ライル 『行動がどんどん飛び始めるので、その場では御陽気だし別に気になってないのですが、後から思い出してものすげー自己嫌悪に陥ったりはします。失敗!!・・・ってほどの失敗は、どーかな・・・酒こぼしたとか、そんなんかな?』

船員 「そうですぜ、船長。飲んでる時はそんなもんです。『運用』でビールばっか飲んでるから、火がでても甲板が汚れてても仕方ないですぜ!!」

ライル 「おまいら、水のましててもかわんねーだろが!!」

船員 「さぁ、最後に・・・」

ライル 「うぉい!!」

船員 『Q6:バトンを渡す5人は?』

ライル 『5人・・・もいるかな?、もしまだなら、Julian卿と、うーん、あとはどうかな・・・fuugoさんとか、ユイマールさんとか、Lailaさんとか、pipさんとかに回せると楽しそうだが、大航海でブログ書いてないかもだし、そもそもここ見てなさそうだし・・・』

船員 「ま、いいんでねーですかい?」

ライル 「・・・ま、いっか。見てて書く場所あったら書いとくれ・・・と」

船員 「答えてもらって、船長が航海日誌に書き綴るとか・・・」

ライル 「む・・・ガ、ガンガル」

船員 「それじゃなくても筆不精なんだから、こーでもしないと・・・」

ライル 「う・・・イヤ、ソノ、スミマセン・・・・」

船員 「まぁ、そういうわけで、さっそく船長のおごりで酒と飯いきやしょう!!」

ライル 「うむ・・・って飯もか!!」



~そんなこんなで、酒バトンに答えたライル船長・・・不定期なこの旅はまだまだ続く~
[PR]
by kajyuber | 2006-02-18 14:52 | 番外編・・・
<< 商会HP・・・ リンク追加です♪ >>