目指せ!サムブーク!!

ライル 「あぁ・・・海はこんなに広いのに・・・」

船員 「船長・・・なにを微妙に黄昏てるんですか。」

ライル 「なんで、こんな狭い距離を行ったり来たり・・・」

船員 「交易で宝石取引の修行するっつったの船長でしょーに。」

ライル 「まぁ、そうだが・・・あ!!そうだ!!サムブーク欲しい!!なんか急に欲しくなった!!」

船員 「・・・」

ライル 「なんと、遠くにいかなきゃ買えないや!!いやー、このへんじゃ売ってないからなー、大変大変♪」

船員 「・・・」

ライル 「Julian卿もそろそろ乗れるようになるから欲しいっていってたし、拉致決定・・・と。」

船員 「・・・たしかに、前からサムブークは欲しいとおっしゃってましたが・・・。」

ライル 「ほら、交易スピードも上がるし、沢山つめるようになるし、万々歳じゃないか!!」

船員 「まー、このまま船長が壊れても大変でさぁ・・・いきましょうや。」


~程なくJulian氏の拉致に成功し、一路南アフリカへと舵を取る一行・・・


船員 「船長!!雲行きが怪しいですぜ!!」

ライル 「何!!嵐か!!・・・嵐か・・・いつもどーりだな。」

船員 「船長とJulianさんの組み合わせですからね・・・。」

ライル 「あぁ・・・あの嵐は間違いなくここを直撃する。全員備えを忘れるな!!」

船員 「あい、さー!!」


~予定通り?に嵐に直面する一行


ライル 「ええい、長いな・・・」

船員 「船長、船が流されています!!」

ライル 「やれやれ・・・どこまでいくのかね~。」

船員 「・・・わりと気楽ですな・・・まぁ、慣れたもんだってのは認めますが・・・」

ライル 「新入りがビビってるくらいだろ、うちの船も・・・w」

船員 「船長、Julian艦から連絡ですぜ~。」

Julian 『船が~w』

ライル 『風雲児、気合で吹き飛ばすのですw』

船員 「わらいながら、のんきに会話してる時ですかい?」

ライル 「毎度の事だからなw」

Julian 『よおおし』


e0034411_23354869.jpg



ライル 「あ、去った・・・さすがだ」

船員 「風雲児の名は伊達じゃねぇんですね・・・」


~紳士の活躍で、嵐を乗り越えた一行・・・果たして、サムブークは手に入るのか!!まて次号!!
[PR]
by kajyuber | 2005-09-27 23:39 | 航海。それは・・・
<< リンク追加です♪ それぞれの修羅の道・・・ >>